NYナンダカンダ

右も左も分からない海外赴任マンの奥様

タグ:家具

アメリカの椅子って、ものすごい大きいんですよ。
フィートに基づいてるからなのか、体が大きいだけなのか。

日本人の中でも小柄な私は、とにかく圧倒的な椅子の選べなさに絶望した。
おしゃれなデザイナー家具屋さんは、だいたい椅子がでかいですね。
Home goodsとかWorld Marketとか、チェーンの店のほうが
サイズ的にはマシなのが見つかるものの、デザインが気に入らず。
ほんとに、一日歩いて探してもひとつもないんですよ。

結局初日は椅子なしでマットレスに座ってごまかす。夕食は外食で、帰宅即寝。

二日目も見つけられず、Bed bath and beyondで、箱の天面が簡易クッションになっている
小さな折りたたみ椅子を緊急措置で購入。
日本でも見かける、箱の中に小物収納もできるやつです。

この折りたたみ椅子とカウンターキッチンで急場をしのぐことに。
(ちなみにカウンターと全然高さがあってないので、食べる時は立つスタイル)

最終的に、翌日ダメ元で行った近所のHome goodsで、わりといい感じの椅子が入荷されていたので即ゲット。

家で座れない、食事もできないってのは相当疲労します。
特に初日は手続きや家具などの搬入などもあって疲れてると思いますので、
早めに椅子だけは確保されることをオススメします。
体が小さい、足が短い、体力がない奥さんほど。

ホテル暮らしも半月を超えて、やっと明日から新居に住みます。

車がないので、ネット通販や、店頭購入からのデリバリーで家具を揃えようとしてたんですが
日本と違って日時指定がまったくあてにならないらしい。
まだ前の住人がいるので、早く届くと困ってしまう。
よって、入居ギリギリまでオーダーを延ばすことに。

で、やっとこさ入居の2日前ぐらいに某ネット通販サイトでランプやソファなどまとめて頼んだら、
カードの不正利用とみなされたらしく、勝手にキャンセルに...!

電話しろって言われても!何て言えばいいんだよ〜!
ってことでまずメールしてみたが一日経っても音沙汰なし。

あ、アメリカの住居には基本、日本みたいに備え付けの照明がないらしいので
フロアランプなど照明器具が必須ですよ。チェック要だね。

=====================

テレビはベストバイという家電ショップで購入。
SSNがあればリファンドが戻ってくるとやらで登録してもらったが、
銀行に電話したり、年収や家賃まで聞かれたり、けっこう時間かかりました。

=====================

寝床だけはどうしてもないと困ると思い、
1800mattressという専門店に知人(というかだんなの取引先の方)から電話でオーダーしてもらった。
こちらもネットオーダーだといつになるかわからないとのことでしたが、
電話で、倉庫に在庫があるいくつかの種類のマットレスなら、翌日配送可能でした。

=====================

タオルやシーツ、洗剤などの小物はBed bath and beyondの店頭で買い、配送にしてもらった。
これも店頭でお会計したあと、翌日配送指定ができます。

...とはいえ、本当に明日来るべきものが明日来るのか、まだまだ心配ではある。
さて、我が家に家具が揃うのは、いつになるのでしょうw


後日追記:
配送はほぼ、時間通りに来ました。
テレビだけは半日ぐらい遅れたけど、許容範囲だと思えます。
家具キャンセルで軽く絶望してたので、嬉しかった〜!

↑このページのトップヘ