アメリカの椅子って、ものすごい大きいんですよ。
フィートに基づいてるからなのか、体が大きいだけなのか。

日本人の中でも小柄な私は、とにかく圧倒的な椅子の選べなさに絶望した。
おしゃれなデザイナー家具屋さんは、だいたい椅子がでかいですね。
Home goodsとかWorld Marketとか、チェーンの店のほうが
サイズ的にはマシなのが見つかるものの、デザインが気に入らず。
ほんとに、一日歩いて探してもひとつもないんですよ。

結局初日は椅子なしでマットレスに座ってごまかす。夕食は外食で、帰宅即寝。

二日目も見つけられず、Bed bath and beyondで、箱の天面が簡易クッションになっている
小さな折りたたみ椅子を緊急措置で購入。
日本でも見かける、箱の中に小物収納もできるやつです。

この折りたたみ椅子とカウンターキッチンで急場をしのぐことに。
(ちなみにカウンターと全然高さがあってないので、食べる時は立つスタイル)

最終的に、翌日ダメ元で行った近所のHome goodsで、わりといい感じの椅子が入荷されていたので即ゲット。

家で座れない、食事もできないってのは相当疲労します。
特に初日は手続きや家具などの搬入などもあって疲れてると思いますので、
早めに椅子だけは確保されることをオススメします。
体が小さい、足が短い、体力がない奥さんほど。